コーヒー豆や粉を再利用

期限の切れたコーヒー豆やひいた後の粉を再利用する良い方法

コーヒーをひいて楽しむ人へ豆をひいた後に残った粉の再利用

この記事をシェアする

コーヒーを入れた後の粉は再利用の価値あり

さて、そうやっていろいろな楽しみ方があるコーヒーですが、自宅で楽しむのも専門店で出しているコーヒーもそうですがコーヒーを入れた後の粉カスはどうやって処分されているのでしょうか。
まあ、もともと豆ですから食品と同じように生ゴミになってしまうのでしょうが、もっと有効にリサイクルする方法は存在しないものでしょうか。
実はあるのです。
コーヒーには秘められた効果がたくさんあるので再利用の価値があります。
もっとも手軽なリサイクル方法としては前述でも触れた脱臭としての使い方です。湿ったままでは生ゴミと同様、そのものがにおいの元となってしまいますので、しっかり乾燥させることが肝心です。日々たくさん粉カスが出る、というご家庭では、家の様々なところに置いて活躍してもらいましょう。

脱臭効果や害虫予防、工夫次第で肥料にも

コーヒーの脱臭効果についてはかなり昔からその効能が指摘されており、昔の人はすでに脱臭効果を活用していたという資料まであります。
ですのでコーヒーの脱臭効果は積極的に生活の中に取り入れ活用したいもので、この脱臭効果はお部屋の匂いだけではなくたばこのにおいの消臭、靴の匂いの消臭などにも抜群の効果を発揮し幅広く活用ができます。
他にはコーヒーの古くなった豆を細かく砕いて堆肥や土と混ぜると肥料の役割を果たして作物に良いという方法もあります。
さらにはこれは好き好きもあるかと思うのですが入浴剤としてコーヒーの粉カスが使えるというのもあります。
またまだ実用化はされていませんがコーヒーの粉カスを燃料として再利用する計画も進んでいるそうです。
このようにリサイクル効果の高いコーヒーの粉カスですので簡単に捨てずにどんどん再利用していきましょう。